Writer's Alliance blog

フリーライター有志による相互協力グループです。
仕事に直結した話ばかりでなく、
ライター同士の交流、情報交換のためのグループでもあります。
お仕事のお問い合わせもお気軽にどうぞ。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
確認の意味
先月、またも田代まさしが逮捕された、というニュースを受けて、
彼をバックアップしていたという事務所の社長のコメント。

「ええ、彼には会うたびに『クスリやってない?』って聞いてました。その時は「やってないです」って言ってたんですけどねえ」

田代まさしを何かと助けてきたこの社長の行動は人間として素晴らしいのかどうなのかは私にはちょっと分からないのだが、この毎回の確認てのはいかがなものかと思うのだ。
大体、本当にやっていたとして(やってたんだけど)「やってます」なんて言うわけがないし。
この社長、田代まさしを信じて仕事を与えてたんなら、クスリのことは一切本人には言わないのが賢明だったのではと思うんだけど。

田代まさしを庇うつもりはないが、こうも毎回毎回『やってない?』って言われると逆に「やっちゃおうかな」って思ってしまいそうな気がするのだ。
もしも本当に周りの人が彼を信じていたら、そしてそれを田代まさし自身が感じ取っていたら、悔いとめられるきっかけに少しはなったかもしれない。

私の後輩だが、彼氏のことを好きなあまり、会うたびに「浮気してない?」と聞きつづけ、挙句の果てには本当に浮気されてしまったということがあった。
落ち込む彼女にその彼の写真を見せてもらったら、中学生かと思えるほど幼い彼の顔。顔で判断するわけではないが、無条件に浮気を疑う前に、もう少し彼をちゃんと見てやれよ、と本気で思ったことがある。

不安と脅しの意味で本人に確認をすることがよくあるが、大抵の場合それは殆ど意味を成さない。
それどころか、逆のベクトルに本人の意志が動くことの方が多いのだ。

やめてほしいことは口に出さないこと。
そっちの方がずっと効果的なのだ。

まあ、田代まさしに関しては10年も薬物を使用してたわけで。
ある意味共存してしまっているからなあ。
誰が信じようが信じまいが、そっちに流れていっただろうけどさ。
スポンサーサイト
- | 10:14 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writers.jugem.cc/trackback/38
確認の意味
di lettera di presentazione | 2007/04/30 7:51 AM
話だけは面白いですね。ただ、小向や田代まさしがプロデュースしたからと言って、相場から何万円も上乗せした部屋に住む人がいるのでしょうか?ま〜部屋によるでしょうけども。個人的には、
堺市の賃貸不動産屋で働く、営業マンの日記 | 2010/03/24 7:38 PM
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"