Writer's Alliance blog

フリーライター有志による相互協力グループです。
仕事に直結した話ばかりでなく、
ライター同士の交流、情報交換のためのグループでもあります。
お仕事のお問い合わせもお気軽にどうぞ。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
窪塚洋介事件
不思議くん・俳優窪塚洋介がマンションから飛び降りたという
ニュースは、長崎の事件とあいまって格好のワイドショーネタ
のようである。
事務所のコメントを鵜呑みにすれば「飛び降りた」わけではなく
「落ちた」そうなのだが、何となく抵抗があるのでこの場合
「落下した」って表現の方がいいかな。ま、いっか。

さて、そんなワイドショー。
実際に彼が飛び降り・・いや落下した高さと同じ高度のビルから
ひょいと顔を出し、
おもむろに男性アナウンサーが一言。

「それではスイカを落としてみましょう」

はあ?
聞けば、実際に彼が受けた衝撃をスイカで実験するというのだ。
人間が9階の高さから落ちた時の衝撃なんて、わざわざ数値に表
さなくても、実験しなくても分かるってば。
しかもスイカで。やらなくてもビジュアルで想像できるってもんだ。

どう考えても、「こんな衝撃を受けたんですよ〜すごいですねえ」
という証明ではなく、スイカが割れた映像を見せたいだけなんじゃ
ないのか、ひょっとして。
と、番組側の神経を疑ってしまう。
ゲスト達も嫌そうに顔をしかめる。私だって見たくないよ、そんなの。

他に、ご丁寧に衝撃の数値を専門家に出させていた番組もあった。
いわく、「ゾウ14頭に踏まれた衝撃と同じ」だとか。
へえ、うわあ、とのけぞるゲスト達。

でもさ、14頭が次々にってわけではなく、この場合落下の衝撃だ
から一度に踏まれるわけでしょ。
14頭のゾウの集団に。
想像しにくいな。すごそうだけど。

てなわけで、ワイドショー的には9階落下時の衝撃にひどく注目して
いたようである。
そのうち、

「それでは実際に飛び降りてみましょう」

なんて言い出さないことを願うばかりである。

asahi.com
スポンサーサイト
- | 13:04 | - | -
コメント
from: ☆томомλ ☆   2004/08/28 2:47 PM
私ゎ非常に窪塚のダイファンだったのでこのようなことがおこったのにゎひどくショックをうけています?
なんなのでしょう?スイカなんて?
そんなふざけたこと・・・(泣)ひどぃです
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writers.jugem.cc/trackback/27
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"