Writer's Alliance blog

フリーライター有志による相互協力グループです。
仕事に直結した話ばかりでなく、
ライター同士の交流、情報交換のためのグループでもあります。
お仕事のお問い合わせもお気軽にどうぞ。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ホラー好きが観た「ゴーストシップ」
先月、オカルト系の原稿を書いたせいなのか、ここ最近再び自分のホラー熱が上がってきてしまったようだ。
本棚に眠っていた愛読書「新耳袋」や「超怖い話」、「本当にあった怖い話」を引っ張り出して読んでいたりする。
更には今日、久々にホラー映画までレンタルビデオ屋で借りてきてしまった。
それがこの「ゴースト・シップ」である。
続きを読む >>
「シュレック」は本当にハッピーエンドなのか?
(ネタばれあります・観ていない方はスルーして下さい)

シュレックと言えば、Dreamworks の大ヒット映画だ。
断っておくが、DT浜田と藤原紀香の吹き替えで話題になったものの、声優・ヤマちゃんこと山寺宏一の存在感に見事にノックアウトされていたことが言いたいわけではない。念のため。

私はこのシュレックを観る前、怪物とお姫様が結ばれるごくありきたりのハッピーエンドだと思っていた。
実際はそのお姫様が実は怪物というオチがあり、それでも「2人仲良く醜く暮らしましたとさ」というめでたしめでたしのハッピーエンドであった。

しかし、私は納得がいかなかったのだ。
いいのか、シュレック。と。
続きを読む >>
チェンジング・レーン
以前、話題になっていたこの映画。気になっていたのでここでやっと観ることができた。
公開は2002年なので2年間お預けにしていたのか。まあ、私には珍しいことではないんだけども。

簡単に言えば、車線変更をし、そこで事故したためにお互いの人生が違う方向にズレていくというストーリー。映画はそのたった1日の出来事を描いている。
演じるのは若き弁護士ベン・アフレックと子供の親権を裁判で争っている元アル中患者、サミュエル・Lジャクソン。以前から思っていたことなのだが、このS.Lジャクソン、私にはどうしても故いかりや長介とダブッてしまうのだ。その思わず同情を誘う眼差しは、無条件に私をジャクソン派にしてしまう。
ジャクソン演じるギブソンの役柄をまだ把握してもいないくせに
「がんばれ、ギブソン。負けるなよ」なんて応援してしまうのだ。
続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"